黒猫サンタさんのパン作りブログ

プロのベーカリーと製パン企業のみなさまへ

実行委員 第39回日本熱物性シンポジウム(前夜)

準備

 明日(平成30年11月13日(火))から名古屋駅前のウインクあいちにて、第39回日本熱物性シンポジウムが開催されます(すみません、公開した時には日付が当日に替わってました)。

 今回は、地元での開催ということもあり、私もシンポジウムの実行委員を務めることになっています。

 担当は、機器展示、休憩所のお茶菓子と懇親会(2日目)の司会進行等々です。

 あまり大きな学会ではありませんので、あれこれと掛け持ちです。

 学会と聞くと、堅苦しいイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、研究室から離れますと割と和気あいあいとした雰囲気に包まれている感覚を持っています。

 まあ、雑談の中でも洗濯物を干す操作と輻射伝熱との理論が飛び出したりすることもありますけど…。

f:id:santa-baking:20181112233253j:plain

実行委員・休憩所のお菓子担当

 私がまだ会社に在籍していた頃から、この日本熱物性学会のシンポジウムへは休憩所のお茶菓子を提供してきました。

 実は、18年前に前回の名古屋開催があったのですが、その時に初めて提供して以来、今では慣例となってきた感さえします。

 当時は、所属していました敷島製パンからロングセラー商品の和菓子:なごやんを贈っていましたが、今は会社を離れて個人事業ですので、知り合いの企業の方々に提供をお願いしている状況です。

 お付き合いしている企業は、製パン製菓機械メーカーがほとんどですので、そこの装置を使用されているユーザーの菓子メーカー等から選択をお願いしています。

 こちらとしましても、参加されています先生方に『このお菓子は、ここの機械装置を使用して作っているんですよ!』と話題にもなりますしね。

 おかげさまで、今年は8社からの提供を受けることができ、会場を華やかな雰囲気にしてくれています。

 ご提供を頂きました菓子の名称のみ、列記しますと、東京ばな奈ナボナ(お菓子のホームラン王)、アーモンドクッキー、おこのみあられ・花の色よせ、すいーとぽてと、銀座のお抹茶ケーキ、千なり、でした。

 この場を借りまして、菓子をご提供して頂きました企業の皆さまに厚く御礼申し上げます。

 本当に、ありがとうございました。

機器展示担当

 今回の機器展示には、想定していた以上の計14社からの申込みを頂き、会場でのブースの振り分けは非常に困難を極めました。

 ただし、元気な名古屋大学の学生の皆さんが大いに手伝ってくれたこともあり、会場レイアウトから、機器搬入、ブースの設営まで、とてもスムーズに進んでいったと実感しています。

f:id:santa-baking:20181112233334j:plain

 結局、この日はPM18~21時まで会場を押さえていて、熱物性値の計測装置や研究活動の機器やポスター展示の設営をフルの時間を使って完了されていました。

 いよいよ、明日からシンポジウムの本番です。

 私は、これから帰宅して研究発表の練習です。