黒猫サンタさんのパン作りブログ

プロのベーカリーと製パン企業のみなさまへ

懇親会 第39回日本熱物性シンポジウム(2日目)

特別講演
 シンポジウム2日目です。

 今日のスケジュールは、午前中が一般講演(私は機器展示会場の担当)、昼休みには学会40周年記念行事の実行委員会があり、午後からは特別講演が2題と学会総会、そして最後に懇親会です。

 お昼休みの時間帯には、お弁当をつつきながら実行委員の先生方とミーティングです。

 こうでもしないと、打合せの時間もなかなか取れないんでしょうね。

 とにかく学会の歩みについて、資料を集め、まとめていきましょうと同意を求められ、やはり記念誌への執筆依頼が来そうな雰囲気です。

 午後からの特別講演なのですが、まず最初の講演が地元名古屋大学の先生のお話で、宇宙線や自然放射線を利用して、クフ王のピラミッド内部における新空間を発見した、といった内容でした。

 宇宙線α線β線といった自然に注がれている放射線は、それぞれが物質の透過性に違いがあって、その特性を利用して非破壊計測でピラミッド内部の構造を調べたという内容だったかと理解しました。(間違っていましたら、すみません。本当に難しかったんです)

 また講演に先立って、宇宙線や自然放射線を観察する実験も行われたのですが、直線的な霧が発生していることが分かった程度で、こちらもほとんど理解できていませんでした。

f:id:santa-baking:20181115062040j:plain

 そして、2題目も地元のトヨタ自動車から、未来の交通網についての戦略的な開発技術について話を聞くことができました。

 こちらは、まだニュース等で自動運転の話題等がでてきたりしていますので、多少は馴染みもあるのですが、それこそドラマ『下町ロケット』ばりにはんだ付けの接点でのクラック(亀裂)の発生等、最先端技術の中にありながらも人の感性が大きく関与している現実にちょっとした感動も覚えました。

 車両の電動化に関しましては、個人の家からバス停までの移動の乗り物が、そのまま共用の大型電動車に乗り入れができるような、それであってそれらの運転がすべて自動化されている世界が描かれていました。

 華やかな夢が目標となる仕事は希望があっていいものだと、つくづく思う次第です。

総会

 今期で2年目の監事の任期ですので、学会会計の監査報告を総会で行います。

 任期は今年いっぱいありますが、実質的に、これで役員の任務から解放です。

懇親会

 シンポジウムの中日に開催されます懇親会は、多くの先生方が交友を深める機会にされています。

 そんな会の司会進行役に今年は当たってしまいました。

 会場には、きしめん手羽先といった名古屋めしも用意されていて、…そういえばシンポジウム受付の配布資料の中にもういろうが入っていたような…。

 会の次第は用意されていますので、それに従えばいいのですが、お酒が入って勢いの付いた先生方からは容易に進行を進めさせまいといった悪だくみも…。

 まあ、いじって頂けて光栄なかぎりですし、終始賑やかな雰囲気の中、名古屋締めで会もお開きとなりました。

 えっ、名古屋締めですか? ネットで検索…、出てますね~。

f:id:santa-baking:20181115062106j:plain

 あとは、明日の最終日を残すのみです。

 体力的には、そこそこ来ているのですが、最後まで頑張っていきましょう。