黒猫サンタさんのパン作りブログ

プロのベーカリーと製パン企業のみなさまへ

新たな1年に思うこと(2019年)

新年あけましておめでとうございます
 年初めにあたりまして、今年の抱負などを述べさせて頂きたく思います。

(初日の出も、しっかりと拝みました!)

f:id:santa-baking:20190101194415j:plain

 昨年は、波乱万丈の1年でした。

 それと同時に、まだまだ自分に足りないものに気付かせてもらった1年でもありました。

  学位取得でお世話になりました恩師から『山田君が研究をして誰が喜ぶのですか? 誰でも構わないのですが、研究というものは誰かに喜んでもらうためにするものです。』と教えを賜りましたことを思い出しました。

 そう、会社にまだ7年在籍できる権利を放棄して、個人事業という今の環境に身を置きましたのは、まだ長いこれから先の自分の人生で、自分にしかできない(オンリーワンの)ことをひとつひとつ作り上げていきながら、そのことで人に喜んでもらえるものを探していこうと思ったことに他なりません。

 人に喜んでもらえれば、それは最終的に周囲が私を必要としてくれることに繋がると考えたからです。

 

 

 もっとも、これまで製パン(製菓)業界で様々な経験を積ませて頂いてきましたので、基本路線はやはり製パン製菓に沿った内容になります。

 より具体的に言えば、

① パンを加工するプロセスにおけます諸現象のメカニズムの解明

 (腰折れ、底詰み、底黒、等)

② 製パン機械設備が有している機能・性能の客観的な評価

 (ミキサーの性能(吸水と生地の伸展性)、過熱蒸気の効果、等)

③ 今後、未着手の加工技術がパンの品質や製法へ与える効果についての検証

④ 今後、製パン機械設備に求められる加工技術の検証

 (時として、生産ラインの増強の方法、等)

といった課題になろうかと思います。

 情報発信は、このブログから始めてSNSやHP、学会・講演会等を使いながら、なんとかプロのベーカリーや製パン製菓企業の皆さんへ届けていける体制を構築できれば、といったところです。

 先に記述しましたが、私には原材料や化学、更にはマーケットに関する知識が足りないことは重々自覚しています。

 年齢も年齢ですが(一方で定年もありませんので)、まだまだ勉強に励みながら、興味の尽きない、この製パン製菓の仕事に携わっていければ幸せです。

 本年も、どうぞよろしくお願い致します。m(__)m