黒猫サンタさんのパン作りブログ

プロのベーカリーと製パン企業のみなさまへ

スーパーとコンビニ巡り

サンプル集め

 明日(⇒日付が変わりましたので、今日)から中国・上海へ渡って製パン工場の指導です。

 誤解のないよう先にお話ししますが、今回の指導はあくまで既存技術の指導であって、おそらく国内の製パンメーカーでも海外進出に向けて実施しているレベルの範囲となります。

 私の場合は、あくまで国内で公開されている内容に限定して(ネットで検索すれば出てくるレベルで)、ましてや自分が学会で発表しているような技術開発に掛かる指導は完全に封印しますので、ご心配は不要です。

 もっとも、機械や電子機器と異なって、製パンの技術は絶対値での評価がまだまだこれからという分野でもありますので(もっとも、それがおもしろいところでもあるのですが)、どうしても感覚的な指導になってしまいますね。

 ただ、先週のモバックショウのように最新の情報も市場には公開されている訳ですので、そのあたりの情報を適宜指導に加えていければ、少しは違いのある指導ができるかもです。

 一応、装置メーカー各社の装置の特徴や改良ポイント、効果等は理解しているつもりですので、Bestの選択に導くよう説明はできるつもりです。

 とりあえず、指導にあたって日本で販売されているパンには、どのような商品があるのか、実物を見せた方が早いでしょうから、先方が興味を持ちそうなものを選定して購入してきました。

 手っ取り早く、近くのスーパー2軒とコンビニ1軒を回ってきたところです。

f:id:santa-baking:20190302230050j:plain

 準備しましたものは(若干カテゴリーが重複します)、

・日本で定番となっています湯種製法の製品群、

・自家培養のルヴァン種を使用した製品、

・賞味期限が長いロングライフの商品

・ひとつのメーカーがほぼ独占しているカテゴリーの商品(ランチパック、イングリッシュマフィン)

・フィリングの様々な充填方法の商品群

等々といった品々です。

 とにかく、初めての中国ですので身をもって状況を感じていないのが不安材料ですが、今の中国にはまだまだ伸び代が見込まれると想定して、製品開発と工場生産作業の指導、そして、これからの市場の変化を予想しながらのライン構築に関して、説明してくるつもりです。

 まあ、もっとも先述の製品を先方の方々が見られて、どう思われるかは何とも予想しずらいところですので、あとは出たとこ勝負です。

おひなさま

 昨日も書きましたが、中国への出発の日がひな祭りですので、おひなさまの片付けは帰国後最初の仕事になりそうです。

f:id:santa-baking:20190302102834j:plain

 お内裏様とおひな様、10日以上後ろ向きになって頂かないといけないのですが、ご勘弁下さい。