黒猫サンタさんのパン作りブログ

プロのベーカリーと製パン企業のみなさまへ

いざ中国・上海へ

セントレアから上海へ

 AM9時のフライトで正午頃に上海(浦東空港)へ到着、飛行機は定刻の12時05分に着陸しましたが、そこから入国の手続きをして出口にたどり着くまで、1時間以上掛かりました。

 そこで同行する通訳の人と待ち合わせなのですが、時間を持て余していましたので、グルグルと空港内を歩き回ります。

 そういえば、セントレアで購入した水をトイレに置き忘れていたことから、ファミリーマートによって再購入…、12.5元(222円)もしました、…高い!

 ところで、写真は撮ってはいけないところがあるようですので(特に軍事関係と聞いています)、おいそれと撮りにくいですよね、捕まりたくはないですし…。

 通訳の人とは、WeChat(使い方は、ほぼLine と同様⇒中国ではLineが使えませんので)を使って連絡が取れ、 タクシーで新幹線の上海駅へ向かいます。

 高速道路を使って、小1時間ほどで上海駅に到着、タクシー代は高速代も含めて5000円程度、水と比較してこちらは結構安い!

f:id:santa-baking:20190304061010j:plain

 駅に着くと、空港並みの入場の手続きが必要です。

 手荷物のチェックと体の金属チェック、そしてパスポート…、ただ、ほとんど形式的な感じが…。  

f:id:santa-baking:20190304062012j:plain

 空港でも見かけたのですが、飲水処と掲げられたコーナーがいくつも設置されています。

 その場で飲んでいる人もいれば、容器に詰めている人も、少し興味はあったのですが、基本的には買ったペットボトルの水にしようと…。

 水の硬度の違いもありますし(中国の水は一般的に硬水のようです。)

f:id:santa-baking:20190304062038j:plain

 出発の時間が近付いてきて、ホームに降ります。

 すぐに気が付くのは、とにかくホームが広いこと。

 ホームには売店とかもないので、特にその広さが際立ちます。

 車両は、日本の新幹線の普通車両とほぼ同じ規格で、私たちは2人掛けのDEの席へ。

 しばらくして、電車が発車しますと車内の係員の方からお菓子と飲み物(ペットボトルの水とお茶)が…。

 業務委託先の企業から、差し入れのサービスが入っていたようです、…手荷物がどんどん重くなっていきます。

 車内には電車の速度メーターがあって、しばらくしますと350km/hr の表示に。

 しかも、車内は振動がほとんどなく、乗っていて快適な乗り心地です。

 上海から南京までは、1駅でちょうど1時間の行程です。 

f:id:santa-baking:20190304083820j:plain

 距離にして、およそ300kmの乗車料金は、3000円位です。

 交通費の類は、総じて日本より安い感じです。

 到着しました南京では、業務委託先の企業の方々のお出迎えがあり、続いて市場視察の予定です。