黒猫サンタさんのパン作りブログ

プロのベーカリーと製パン企業のみなさまへ

街のパン屋さん ~ プルマンベーカリー TVチャンピオンV2のお店

TVチャンピオンV2のお店

 先日、名古屋のデパートの催事(たしか北海道物産展)に北海道のプルマンベーカリーが出店されていました。

 このお店、テレビ東京系の人気番組・TVチャンピオンの第3回(1995年)、4回(1996年)全国選抜パン職人選手権で2年連続優勝した店主が営んでいるベーカリーです。

 特に食パンだけが売りのお店でもないのですが、これまでの流れもあって、今回も品質が一番分かり易い角形食パンを家族に購入してきてもらいました。

 店名(プルマン食パン = 角形食パン)にも使われているほどの商品ですので、当然のことながら期待してしまいます。

f:id:santa-baking:20190612173716j:plain

 原材料には、北海道産の超強力粉麦粉・ゆめちからや発酵バターを使用しています。

 北海道のベーカリーだけあって、素材には地産地消の思いが詰まっていますね。

 話が逸れてしまいますが、中国出張の折、日本ブランドのポジションの高さには本当に驚かされます。

 中国では特に北海道は高級ブランドとして既に確立されており、北海道小麦や北海道バター、そして北海道マーガリンまで…。

 ん?、北海道マーガリン? 探し方が悪かったせいか、ネットの検索では見つけることができませんでした。

 マーガリンの原料って、パーム(ヤシ)油が多いって聞いた記憶があるのですが、大豆油、なたね油、コーン油、綿実油、ひまわり油などの植物油(60%強)の他、動物性の魚油、国産の豚脂・牛脂も使われるそうですので、きっとあるのでしょう。

 話をプルマンベーカリーに戻しますと、HPでは原材料についての記載は特になかったのですが、日本では、北海道を中心に甜菜が栽培されていて、その甜菜から作られた砂糖は甜菜糖と呼ばれています。

 国内原料による日本の砂糖生産量の約75%、日本における砂糖消費量の25%を占めるほどですので、きっと糖は北海道産甜菜糖ではないかと想像しています。 (プルマンベーカリーの解説に記載されていましたら、ごめんなさい!)

 焼き方は、薄めに焼かれている商品が最近は多い中、ここの食パンは標準的な焼色と厚さのクラストです。

 それが、さらに素朴な感じを演出している気がしています。

 トーストして食べてみますと、素直においしいといった表現がぴったりする食感、食味です。

 総じてこの商品には、差別化といった方向性は必要ないと感じました(当然、いい意味で!)。

 最後に、防腐剤等は一切使用していません、冷蔵または冷凍庫にて保存の上、お早めにお召し上がりください、とのことです。

 ところで、プルマンべーカリーの人気商品となりますと半日で売り切れてしまうほど人気が高い『男爵カレーパン』だそうです。

 その名のとおり、地元北海道産の大きな男爵いもがごろごろと入っていてボリューム満点のカレーパンです。

 使われている材料から想像しても、これはうなずけますね。

 

 

 ここから後は、ほんの少し宣伝です…。またまた、来月に製パンの講演します。
セミナー講演会のお知らせ 主催:工業技術会】
◎演題
『製パン技術のメカニズムと品質評価 ~基礎から最新の技術・トレンドまで~』

◎講師

サンタ ベーキング ラボラトリー 代表 博士(工学)山田 盛二

■日時

2019年 6月26日(水)12:40~16:40

■会場

東京都千代田区半蔵門 JCIIビル 6階会議室

■受講料

1名 29,600円(消費税込)

※ 受講者の講師割引制度のご案内 ~ 本ブログをご覧になり、講師:山田の紹介として下記の用紙で受講申し込み頂きますと、受講料が5,000円割引(24,600円(消費税込))となります。FAXにてお申し込みください。詳細は、下記の工業技術会まで。

■申込先、問合せ先

工業技術会㈱ (〒102-0082 東京都千代田区一番町3-7 3F)

TEL:03(3239)5966

f:id:santa-baking:20190520233926j:plain