黒猫サンタさんのパン作りブログ

プロのベーカリーと製パン企業のみなさまへ

北海道・帯広へ

まだまだ、なつぞら

 JR北海道の時間がけっこう読めないことがあって、帯広へ行く際、最近は羽田から帯広空港経由の行程が定着しつつあります。

 それで、まずは新幹線・新横浜経由で羽田空港へ。

 国内線ターミナルで昼食を取るべく、パン屋さんを探してみようと思っていましたところ、考える間もなく京急の駅を出たすぐのところにヴィドフランスが。

f:id:santa-baking:20191007040453j:plain

 早速店内へ入ってみますと、空港にあるお店らしく『空あんぱん(空の焼き印が押されています)』といった製品や、これまであまり意識して見ていなかった食パン等が並んでいます。

f:id:santa-baking:20191007065626j:plain

 ここでは、『3種チーズの粗挽きフランク(296円税別)』と『ショコラフランス(194円税別)』をチョイスしてイートインコーナーへ。

 税制が変わりましたので、今回の消費税は10%です。

 ドリンクも合わせますと827円となりますので、ワンコインで済ませられるご時世にそこそこの金額かと。

 ただ、しっかりと食べ応えはありますし、雰囲気&トレンド代と納得しています。

f:id:santa-baking:20191007065728j:plain

 15時頃に帯広空港に着きますと、気温は14℃とのこと。

 長袖シャツに上着でちょうどの気候です。

 飛行機を出ますと、(NHK朝の連続TV小説)なつぞらのポスターとスピッツの曲『優しいあの子』がお出迎えです。

 ちなみに、この曲はホテルまでの移動の十勝バス内でも絶えず流れていました。

 帯広には、この番組に登場します菓子店『雪月』のモデルとなった『柳月』の本店があります。

www.santa-baking.work

 既に8月の日本食品科学工学会の大会参加時に『あんバタサン』は購入したのですが、せっかく本店に来たのですから、やはり寄らないことはないと言ってみたのですが…。

f:id:santa-baking:20191007065903j:plain

 なんと、思いもかけずに完売の札が掛かっていました。

 実は、その8月に帯広の知り合いが、地元の帯広だったら普通に買えますよ、と教えてくれていましたので、安心して出掛けたのですが…。 

f:id:santa-baking:20191007070008j:plain

 上の写真の十勝と柳月という資料とあんバタサン完売の札は札幌の直営店でも十分に見慣れてきましたが、ここでもお目にかかるとは…。

 柳月を後にして、駅方面を回りながらホテルへの帰路を歩いていますと、名物料理・豚丼の有名店・ぱんちょうがありました。

 以前に一度だけ入って食べたことがありますが、確かに美味です。

f:id:santa-baking:20191007070113j:plain

 この時(左写真)は16時頃の開店前 or 直後でしたので、人影も見られませんでしたが、21時頃に前を通りましたら、右のように随分な行列ができていました。

 この時間帯にもなりますと、気温もグッと下がってきていましたけど、それでも食べたい方々は並ばれるんですね~。