黒猫サンタさんのパン作りブログ

プロのベーカリーと製パン企業のみなさまへ

土岐プレミアムアウトレットにて ~ ジャムはそのまま塗る派?

新型コロナウィルスの影響?

 自宅が愛知県の外れの方ですので東海環状自動車道を利用すれば、岐阜県土岐市にありますアウトレットには車で30分程度走れば、行くことができます。

 ちょっとしたドライブコースです。

 という訳で、先週末に行ってきました現地の様子をリポートします。

 まず、アウトレット入口手前にあります臨時駐車場ですが、いつもの週末ですと7~8割は車で埋まっている状況の中、今回はほぼ空車の状態です。

 そして、ゲートを通った敷地内の駐車場なのですが、ここも通常ですと満車の表示の中、グルグルと駐車場内を走り回ってやっと入れられるほどなのですが、大して探すこともなくすんなりと停められました。

 この時点で、完全に新型コロナウィルスの影響と理解するのに、さほど時間は掛かりませんでした。

軽井沢フラットブレッズ

 今回は到着がお昼時でしたので、最初にフードコートへ足を運びます。

 週末のランチタイムですが、やはり余裕で席が確保できます。(ありがたいのですが、なんだか寂しい気も…)

 ここに店を構えます軽井沢フラットブレッズは、軽井沢のパン屋の名店「浅野屋」とコラボした店舗で、焼きたての特製ブレッドに新鮮野菜や厳選食材をたっぷりと挟んだ贅沢なグルメサンドイッチが売りです。

 設備面では、浅間山の溶岩石で肉汁あふれるグリルメニューを焼く事で、鉄板では味わえない遠赤外線効果の味わいが得られるのだとか。

www.santa-baking.work

 ここでは、カマンベールのパニーニ(682円 イートイン税込)をチョイスして頂きました。

 伸びるチーズと表面がさっくり食感のパンの相性は抜群です。

f:id:santa-baking:20200224010418j:plain

 土岐も山の中とは言え、軽井沢とは標高差があることから、パンを焼いた時の焼き加減も変わってくるのかなぁ、などと思いをはせながら、次の研究テーマとして計画に入れる予定です(本当です)。

サンクゼール・ファクトリー

 今回の目的は家族の衣類だったのですが、実は、ちょうどこの日に好物のあんバターが底を尽き、私的には明日朝のトーストに欠かせないジャム類の買い出しを目論んでいました。

 ここサンクゼール・ファクトリーでは、様々なジャムを始め、自然食材を加工した各種ソース類やドリンク類が店内狭しと並んでいます。

 店内を奥へ進むと、真っ先に目に飛び込んできましたのは、あんバターと『和を感じる 抹茶あんバター(689円 税別)』の棚です。

f:id:santa-baking:20200224010129j:plain

 そして、目を少し横にずらしますと、オーガニックジャム イチゴ・ブルーベリー・りんごの半額の表示と試食コーナーのサンプルが…。

f:id:santa-baking:20200224010212j:plain

 結局ここでは、半額となっていましたオーガニックジャム・りんご(225円 税別)を2個と抹茶あんバターを購入です。

f:id:santa-baking:20200224010241j:plain

あえて例えると

 今回購入のジャムは、まだ食べていないのですが、みなさんはジャム類をパンに付ける時、そのまま付けますか? もしくはバターやマーガリンを添えて食べますか?

 私の場合、確かにロールパンに充填するような感じであれば、ジャムだけということもない訳ではないのですが、食パンのトースト時であれば、基本的にはバターやマーガリンを同時に摂取します。

 TVでも言っていますよね、『おいしいものは、糖と油でできている!』って。

 あのジューシーな食感がたまりません!

 バターやマーガリン抜きのトーストを、あえてシンプルなかき氷で例えますと、ミルクを注文した時に、せんじのシロップを抜いた加糖練乳掛けのようか、と…。

 …すみません、まったくの個人的な偏見のお話です。

 

春の京都旅行

 話は変わって、今では京都も海外からの観光客が遠のいて閑散としているようです。

 毎年我が家で恒例の、桜の時期の京都旅行の時はどうなっているのか、と気を揉んでいますが、あと1ヶ月で少しでも良い方向へなっていてくれればと願うばかりです。