黒猫サンタさんのパン作りブログ

プロのベーカリーと製パン企業のみなさまへ

次々に中止の連絡が・・・ ~ パン学校の授業やイベント、我が家の恒例行事まで

 新型コロナウィルスの影響は、すでに先々の予定までも蝕んでいます。

 

f:id:santa-baking:20200421013517j:plain

 

 仕事のことはとりあえず置いておいて、今年はご報告できなくなった事柄がいくつか出てきてしまいましたので、確定したものをここに挙げてみました。

 

【 目次 】

 

パン学校

 日本パン技術研究所が毎年3回開催しています、100日コース(通称パン学校)の第217期(令和2年4~7月)が開講されないことになりました。

 

www.santa-baking.work

 

 私の担当は、『ホールセールの機械設備』の授業で、製パンしていく工程での加工のメカニズムと、それに対応した機械設備の機能や操作方法等について解説しています。

 

f:id:santa-baking:20200421192139j:plain

 

 毎回、大手製パン企業の若手受講者の方々を中心に、写真やイラスト、時には各種実測データを交えて、極力最新の情報を提供するように心掛けています。

 

展示会

 展示会は、パンに関係する機械設備や原材料について、最新の情報を得るために必要不可欠なイベントです。

 

 先述のパン学校の授業でも、ここで情報収集した案件を適宜載せています。

 

BAKERY CHINA 2020(ベーカリーチャイナ)

 今年は、5月6~9日の日程で中国・上海を会場に開催される予定でしたが、私が関係します出展予定の企業が出展を取りやめましたので、今年は参加できません。

 

www.santa-baking.work

 

 たしかに、製パン機械設備は日本製品コピー機が散在していましたが、それでもコピー機のレベルを計るいい機会ですし、逆に海外市場へ日本の機械設備が進出するために必要な品質とこだわるべきではない品質についても学ぶことができます。

 

f:id:santa-baking:20200421192229j:plain

 

 会場規模は、日本で開催されます展示会場の4~5倍はあるでしょうか。

 

 印象に残っていますのは、中国では縦型ミキサーをケーキにしか使わないことです。

 

 パンのミキシングにはスパイラルミキサーを一般的に使用しています。

 

 やはりノウハウは簡単にコピーすることが難しいようで、日本の縦型ミキサーの重量設計やミキサーボウルの固定方法が掴めていないらしく、仮に中国製の縦型ミキサーでパン生地を捏ねますと大暴れしてミキサー本体が転倒してしまいます。(それで故障した場合、ミキサーメーカーの補償はないそうです)

 

FOOMA2020(国際食品工業展)

 今年は、東京オリンピックの関係で、会場を東京ビッグサイトからインテックス大阪へ変更して、6月23~26日日程で開催されるはずでしたが、こちらも中止です。

 

www.santa-baking.work

 

 出展企業は、ほぼ日本企業なのですが、参加者はかなりの割合で海外(主に中国&韓国)から来られている方々となっています。

 

f:id:santa-baking:20200421201206j:plain

 

 会場では基本的に写真撮影禁止なのですが、ほとんどお構いなしに写真を撮っていく人達が横行しています。(上の写真は昨年撮影)

 

 注意しても、日本語が分からないジェスチャーをするとか・・・。

 

 実は、この方々、ユーザーのベーカリー関係者かと思いきや、機械メーカーの関係者で単に技術を調べに来ているそうです。

 

 確かに注意深く各社のブースを周っていますと、いくつかの新規技術や装置に遭遇します。(もっとも装置メーカーには知り合いの方も多いので、素直に『教えて!』とお願いした方が早いケースがほとんどですが・・・)

 

 日本のメーカー各社は、ユーザーには技術をアピールしたいものの、競合他社には技術を漏らしたくありませんから、本当に痛し痒しです。

 

学会

 昨年は、北海道札幌で日本食品科学工学会の年次大会がありました。

 

 今年の第67回大会は、8月27~29日に福岡で開催予定でした。

 

www.santa-baking.work

 

 今は、主に食パンの焼成に関しますテーマで研究していますが、その発表の場が今年はひとつなくなりました。

 

f:id:santa-baking:20200421230833j:plain

 

 なにやら訳の分からない変な研究をしていますが、メープルチップの食パンは研究テーマではありませんので、念の為。

 

我が家の恒例行事

 我が家は毎年桜の季節に京都旅行することが恒例になっています。

 

www.santa-baking.work

 

 目的のひとつは祇園の八坂神社で、金ピカの商売繁盛御守りを買い替えることなのですが、これは縁起ものですので、事態が収束しましたら、改めてお参りしたいと思っています。

 

f:id:santa-baking:20200421192603j:plain

 

 そのような折、昨年は偶然、京都のパンの名店7選に選ばれているナカガワ小麦店を訪れることができました。

 

 たまたま、下鴨神社近くの有名なみたらし団子屋さんへ行きました際、向かいに看板もない何かのお店、それでいてけっこうな人だかり、それがナカガワ小麦店でした。

 

 今年も、ここのパンは是非とも買って帰りたい、と。

 

最後に

 まあ、ここはドンッと構えて、事態が収束した時のことを想像しながら、今しかできないことを、ここぞとばかりに始めてみようか、と。

 

 ありがたいことに、さっそく緊急事態宣言の期限明けの翌週に声を掛けてくれている企業もありますし、・・・本当に、ありがたやぁ。